パプリカとろとろマリネ

黄色いパプリカは焦げた皮の色が剥いても残ってしまうので、赤い方が綺麗にできます。
赤ピーマンでは上手くできません。身の厚いパプリカだから美味しくできます。皮が焦げるくらいまで焼くことで、とろりと軟らかく甘くなります。

〈材 料〉
  • 赤パプリカ 1個
  • カカオフェルメントシロップ 適量
  • カカオヴィネガー 適量

※シロップとヴィネガーは同量を目安に混ぜておく

〈作り方〉
  1. 赤パプリカをトースターやグリルで丸ごと、皮がまっ黒に焦げるまで焼く。(まんべんなく黒くなるように回しながら)
  2. 水を入れたボウルの中で手早く皮を剥き、手で半割りにして種を取り除く。(やけどに気を付けて!)
  3. キッチンペーパーで水気をよく拭き、食べやすい大きさにカットする。
  4. カカオフェルメントシロップとビネガーを混ぜたものに漬ける。(お好みで柚子の皮や山椒の実などを一緒に漬けてもよい)
【使用した製品】
カカオフェルメントシロップ(プレーン)
カカオヴィネガー


<メニュー作成者> あいこ愛古

料理研究家。フレンチ、イタリアン、アジアン、発酵料理、薬膳、様々な要素を取り入れた創作料理を得意とする。

関連記事

最近の記事

  1. 【6/19 (日)開催】和歌山湯浅醤油・大人のカカオ料理講座

  2. 残席わずか【6/4 (土):大阪イベント】テースティング講座&お茶とチョコレートのマリアージュ体験

  3. 【5~6月】盛りだくさんのイベント情報

  4. 【母の日限定】お茶チョコセット販売中♪

アーカイブ

PAGE TOP