Bean to Bar その流行に関する危惧

私がBean to Barという言葉を聞いたのは、おそらく6、7年前のことになります。海外の職人の方と話をする際に、英語でのやりとりであったため、この言葉が出てきて、そうか、カカオからチョコレートをつくったものをBean to Barと呼ぶのだなぁ、、、と思ったことを今でも覚えています。そして日本での広がりは雑誌等でこの言葉が紹介された3年ほど前からではないかと思います。

とてもキャッチーな言葉なので日本でも大変もてはやされているのですが、何か大きく取り上げられるということは、”流行”として取り上げられるという側面を持ち合わせており、流行があると、廃りもある、、、というのが日本の現状ではないでしょうか。ファッションの移り変わりなどがそうです。流行りのスタイルはそのシーズンもてはやされますが、数年後にはダサい~となっていることないでしょうか?

関連記事

最近の記事

  1. 【カカオ料理】ホテル日航関西空港にて2月限定でカカオ醤を使用した『カカオブッフェ』を開催!

  2. 【札幌イベント】丸井今井札幌本店さまにて「サロン・デュ・ショコラ 2023」がスタート!

  3. 【祝】「カカオ醤」がものづくり日本大賞・経済産業大臣賞を受賞しました!

  4. 【チョコレートの情報誌】2023年版トモエサヴール新聞を発行!

アーカイブ

PAGE TOP