シェラネバダ カカオ豆


チョコレートの味は、カカオで決まる、といっても過言ではありません。

カカオの質が悪ければ、どんなに技術が高くても美味しいチョコレートにはなりません。カカオを知ればチョコレートがわかる、とカカオハンターの小方真弓さんは言います。確かに、その通り。Bean to Barが日本でも知られるようになり、自分で作ってみたいという方も増えてきました。トモエサヴールでは、そのような方のために、安心してお求めいただける高品質なカカオをご紹介しています。

カカオハンターの小方真弓さんが現在活動されているcacao de colombiaのカカオ豆は、いくつかのエリアのものがあり、そのどれもが表情豊かで味わい深い上質なカカオに仕上げられています。上質なカカオが流通するほどになるには、単に実っているものを収穫したら良いというものではなく、開発するのには多額の資金が必要であったり、長い時間をかけて生産者への指導も必要であったりと、簡単なものではありません。cacao de colombiaの豆はコロンビアの大地の恵みと、上質なカカオを作りたいという情熱と技術が詰まった豆なのです。コロンビアシエラネバダカカオ

現在ご紹介している、シェラネバダというのは、カカオの産地の名前です。コロンビア北部、シェラネバダ山脈の周辺で収穫されたカカオたち。レーズンのような赤い果実のドライフルーツを思わせるフルーティーな香味と酸味と甘み。また好ましいナッツ香も感じられます。この特有の香りを最大限に引き出すには、少々この子たち(カカオ豆たち)との会話が必要だと私は思います。というのも、数回に渡る違うバッチNo(※1)のチョコレートを食べるたびに、その香りの出方は驚くほど違ったから。焙煎温度によって、コンチングによって、ころころと姿を変えるシェラネバダさん。移り気であちらこちらを歩き回るお転婆な女の子をイメージしてしまいます。ぜひ、会話してみたい方は、少量でお求めいただけますので、通販サイトより、どうぞ。

少量で作るBean to Bar は、そのカカオの香りを最大限に楽しむことができるチョコレートの中でも最も嗜好性の高い食べ物。だからこそ品質の高い上質なカカオ豆で作られたものを、カカオ豆がもっているその固有の味わいを最大限に引き出したものを味わっていただきたいなと思います。

ぜひ食べたことのある方、使ったことのある方、感想もお待ちしていますね。

※1 少量で作ることの多いBean to Barは特に、1回でつくる単位を1バッチと呼び、その時に使用した豆や焙煎の微妙な加減で味わいが微妙に違うこともあります。焙煎した日や、バッチナンバーで生産管理されるショコラティエもBean to Bar では少なくありません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です